出会えるテレクラサイト一覧
スイートコール
スイートコールのバナー
今話題のテレクラサイト
近所の相手と繋がる地域密着型サイトがコチラ!女性の質も高く、かなりの評判です☆
今なら最大60分無料ポイントプレゼント!登録はお早めに~♪
もう自分の色恋沙汰に後悔をしたくありません。良い人呼ばわりされるのはもうコリゴリ・・・私の気持ち受け取ってくれるエッチな男性が現れると良いな。
詳細はこちら
ハニーライン
ハニーラインのバナー
地域別で選択できるから早い
ハニーラインは知名度があり、会員の数が日々増加しています。利用者の口コミでも良好ですが、ときどきひやかしのユーザーもいるみたいなので注意は必要です。 テレフォンセックス初心者はまずはここから!
Hなオジサマ!一夜の冒険をしませんか?大人のお付き合い希望します!未婚ですけど、東京に婚約者がいるので、秘密厳守で!体の寂しさを慰めてくれる、セフレ募集です。
詳細はこちら
ももこ
ももこのバナー
理想のパートナー探しにおすすめ
ももこはココ最近非常に勢いのあるサイトで様々な出会いができるというクチコミも多いです。ですがライバルも多く、なかなか返事がこないというデメリットもあるため、他とちがったメールやコミュニケーションで差別化できるかが重要です。
Hな関係がほしくて登録してみました♪まずはお友達から~でもいいので、気の合う人と仲良くなりたいです★よろしくお願いします
詳細はこちら

テレクラの基本知識と使い方、女性の口説き方の詳細を教える!


テレクラと聞いて、何をするところなのか具体的にイメージできる人は、今の若い人には少ないかもしれません。エッチな、とか、卑猥な、とかそういった漠然としたイメージを持っている方は多いかもしれませんが、では何をするところなのか、と問うたときには、実態とは若干ずれた回答が返ってくるのではないかと思います。それも仕方のないことです。もともとテレクラというのは、衰退してしまったコンテンツであるわけですから。

衰退、というのは、どういうことかといいますと、テレクラは初めは店舗型の一種の風俗店のようなものとして広まったからです。今ある中で近いものを挙げるとすれば、出会いカフェといったところでしょうか。テレクラは、出会いを目的とする人々が集まる、インターネットカフェのようなものだったのであり、今でも、店舗型のテレクラはその形態を維持しています。

インターネットカフェは、まず料金を支払って(後払いの場合も多くあります)、個室に入り、そこで漫画を読んだりジュースを飲んだりネットサーフィンをしたりしながら、時間を潰すというものですよね。テレクラの場合は、時間を潰すのではなく、漫画を読んだりジュースを飲んだりしながら、個室に備えつけられた電話機に女性からの電話がかかってくるのを待つのです。電話が鳴ったらすぐに受話器をとって、女性と話をします。

そこでなされる会話というのは、雑談もありますが、最終的には「会う」「デートをする」ということを目標、目的としており、その相性を確かめる段階として、世間話、おしゃべりの時間が設けられるのです。そこで意気投合すれば、男性は店を出て、その女性とのデートに、待ち合わせ場所に向かいます。そこから何をするかというのは、当人らの自由です。

年齢制限がないというか、その対策がとられていなかったので、中高生が電話をかけてくるといったこともあったようです。その目的は、ほとんどが援助交際でした。しかしテレクラを経由して、セックスフレンドであったり、恋人であったりを得た人もまた、少なくなかったのです。当時は出会いを探すといえばテレクラというのが常識だったんですね。しかしそれも、携帯電話やインターネットが普及するにつれて、急激に衰退していきます。インターネットで出会いを探す、出会い系サイトが台頭してきたからです。

出会い系サイトといえば、今のイメージもそうであるように、女性と直接(声などで)会話することなく、週末に向けて、ちょっとした空き時間に、自分好みの人にアプローチをして、遊び相手を探すことができます。テレクラでは、その日のうちに会うのが基本であり、もし行くのであれば丸一日予定を空けておかなければいけませんでした。それに声で会話するというのは緊張するもので、それにより普段の調子が出なかったりであるとか、言ってから失言に気づいたりだとか、そういうことがありました。それに店構えもまさに風俗店に近いものが多かったので入りにくく、料金も出会い系サイトよりも高額であるケースがほとんどだったので、言ってみれば出会い系サイトにあらゆる点で劣っていたのです。

そうして、店舗型のテレクラは、今では数えるほどしかなくなってしまいました。それに、利用者も、それらをインターネットカフェ的なものとして、寝泊り等に使っていることがほとんどです。

現在のテレクラ

それでは、テレクラは完全に消えうせてしまったのかというと、そうではありません。今でもテレクラは営業を続けています。ただし、その営業場所はネット上に移行していますが。ネットをしていたり、またパチンコ雑誌などを読んだりしていると、ときたま、ツーショットダイヤルといった文字を見かけることはあるのではないかと思います。これはテレクラの一形態であり、現在は、テレクラと、そのままの名前で営業しているところは、むしろ少なくなっている、減少しつつあるのではないかと思います。

しかしツーショットダイヤルは、テレクラを母体とするサービスであり、内容も、テレクラのそれとほぼ同じです。出会いを探すことももちろん可能です。

テレクラの実態

ただし、現在のテレクラは、その実態としては、出会い探しそれ一本に目的が絞られているとは言いにくいものがあります。というのは、やはり出会いを探すといううえでは、出会い系サイトがライバルとなってくるのであり、そしてそれは非常に手強い敵であるからです。それに打ち勝つためには、何かテレクラ固有の魅力がなければならない、そういった意味で業界が推し進めたのが、テレフォンセックスです。電話というサービスの特性を活かした、素晴らしい発想であるといえるでしょう。

テレフォンセックスというのは、文字通り電話を通じてする擬似的なセックスです。雑誌の広告などを見ても、これを前面に打ち出しているテレクラが多いですね。やり方を簡単に説明いたしますと、男女で電話をして、はっきりと言えばお互いにオナニーをするのですが、それを、実際にふれあっているかのような、距離の近い会話と実況をもって進めていくのです。たとえば、「こんなに濡れてるよ」とか「入れて?」とか、そういった会話のなされるのが、テレフォンセックスの特徴であるといえましょう。

初心者のうちは、本当にセックスをしているという設定でプレイを進めていくのは難しいのですが、慣れればできるようになります。そしてその発展形として、シチュエーションプレイがあります。これは雑誌等でも宣伝、推奨されているものでして、たとえば教師と生徒であるとか、ナースと患者であるとか、女王様と奴隷であるとか、そういった設定をしてテレフォンセックスを進めていきます。

このように、テレクラは今、出会いを探すほかに、テレフォンセックスをして楽しむ場所して自身のサービスを提供しているのです。

出会いは探せない?

それでは、テレクラはテレフォンセックスがメインで、出会いを探すことはできないのでしょうか。そんなことはありません。出会いを探すことはできますし、またある女性と話したときにデートに至る可能性の高さ、会うと約束をしたときにそれが守られる確実性という面では、出会い系サイトに勝っているといえるのです。

出会い系サイトでは、主にメールでやりとりをしますが、あなたが女性とメールをしているとき、その人は他の男性とも連絡を取り合っている可能性が高いのです。なぜなら、出会い系サイトに登録している女性のもとには、日に何十件とメールが届くこともざらにあるからです。掲示板に書き込みをしようものなら、それこそ50、60くらいは届いてもおかしくないのです。

そうして、その数ある選択肢をしながら、気に入る男を探していくわけですが、その過程として、男性とメールを交わす場合が少なくありません。そして会うことや、セックスすることを匂わせて、とりあえず良さそうな男を「キープする」といった女性も少なくないのです。その間に、他にいい男がいないか探し続けて、見つかれば、当然そちらに行きます。誰かと会う約束していようと、しまいと、関係ありません。そういったことが、出会い系によくあるドタキャンに繋がるわけです。

しかしテレクラの場合は、一対一の会話でありますから、ある女性と話しているとき、その女性が、別の男性を物色するということがありません。完全に、差しの勝負といってもよいのです。ライバルはいず、女性と会えるかどうかは、すべて自分にかかっています。しかしうまく口説くことができれば、ライバルがいないため、約束をすっぽかされるようなこともなく、デートをすることができるのです。喋るのが好きな人、得意な人であれば、テレクラを使ったほうが出会いを得られやすいといえるのです。

それに、自分の声で会話をする、自分の声で約束をするというのが、彼女にそれへの責任感を芽生えさせます。メールでのやりとりだと、やはり文章での会話であるためか、自分の言ったことに責任を感じないというか、いつ反故にしても構わないといった感情を抱いている人は、少なくないと思います。それはネット掲示板に書き込みをするのと同じようなものです。見ず知らずの人と連絡を取り合っているのですから。ネット掲示板に書き込みをするときに、発言がいつも以上に過激になってしまうとか、非道徳的になってしまうとか、そういったことは誰にでもあるでしょう。

しかし、自分の声で何かを発信するということには、少なくとも文面でやりとりするのは、強度の責任感が芽生えてくるのが、人間というものではないでしょうか。このように、テレクラは、ライバルがいないこと、そして声で会話しているというのがあることによって、出会いの可能性や確実性は非常に高く優れているといえるのです。出会い系サイトにも決して負けていないんですね。

テレクラの料金と安く使う方法

これだけ優れたテレクラでありますが、実際料金はどのぐらいなのでしょうか。これは、物にもよりますが、1分100円というのが相場です。ちなみに通話料は無料ですね。これは結構高いなと思ってしまう方も多いのではないかと思います。アダルトライブチャットなどもこれに近い料金設定になっていますからね。それではテレクラをなるべく安く使うにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、複数のテレクラをつまみ食い的に使いまくることです。というのも、テレクラは出会い系サイトと同じように、新規利用者に対して無料ポイントを付与しているからです。
出会い系サイトでも、最初に数百円分のポイントをプレゼントし、それを使っているうちは無料となっています。テレクラもそれと同じで、新規に利用する人に対して数千円分の無料ポイントを付与している場合も多くあります。時間にすれば20分から30分くらいのものですが、それでも、複数のテレクラを使えば、通算で数時間は、無料でテレクラを利用できるでしょう。

このように賢く使えば、普通にするよりも安く長く、テレクラを利用することができるのです。

テレクラで出会いを探すには

それでは、テレクラで出会いを探す方法について、簡単に論じたいと思います。まず、現在のテレクラは、テレフォンセックスをする場所でもあるということを、先に触れましたね。これは、出会いを探すひとつの手段ともなりうるものです。というのも、これは相手との相性を見るという点で優れた方法であるからです。男性はどうしても、セックスをするときに自分の気持ちよさばかり追求してしまうことがありますが、そういったところを、テレフォンセックスをすることによって判断することが可能です。そういう意味で、出会いを探す前段階として、テレフォンセックスをしたがる女性は多いんですね。

なので、テレクラで出会いを探すときには、雑談をしてから、すぐにデートへ誘ってもいいですが、その前にテレフォンセックスを挟む、それを目標にするというのもありです。テレフォンセックスをしてお互いに気持ちよくなれれば、もしかしたら実際のセックスも上手にしてくれるのかもしれないと、会ってくれる可能性が高くなります。どのようにテレフォンセックスに持っていけばいいのか、それがわからないという方も多いかもしれませんが、これは会話の流れで、少しずつエッチな方向に話を持っていけばOKです。たとえば、今の服装を訊いてみるとか、「どうしてテレクラ使ってるの?」と訊いてみるとか。

テレクラを使う目的に、エッチ以外のことはありません。なぜなら、暇つぶしをするのなら、他にいくらでも方法があるからです。話し相手がほしいのであれば、テレクラを使うより、Skypeなどのアプリを使ったほうがよっぽど手っ取り早いでしょう。そういったわけで、テレクラを利用する目的を、その女性が「暇つぶし」などと答えても、それはほとんどの場合嘘なので、「テレクラってエッチなことできるって聞いたんだけど間違った情報?」などと切り出し、エッチの方向へ話を持っていきましょう。

もちろん、断られる場合もありますが、それは雑談の時点で、あまり相性がよろしくないなと判断されている場合でして、そう思われてしまった女性と会話をしていても会える可能性は非常に低く、時間の無駄です。すぐに諦めて次の女性に狙いを移したほうがよいでしょう。テレフォンセックスをすることができたら、相手のことをちゃんと気持ちよくさせてあげられるようにしてくださいね。

デートに誘うとき

デートに誘うときの言い方は、テレフォンセックスをした場合と、していない場合とで違ってきます。まず、テレフォンセックスをした場合ですが、お互いの満足度というか、どれだけ燃え上がったかにもよりますが、有効なのは、はっきりと「エッチがしたい」ということです。本当に気持ちよかったから、どうしてもエッチがしたい、あなたじゃないと嫌だと押しまくることが大切です。そうして「お願い」と、若干の子供っぽさをたたえた言い方をしてみてください。そうすれば、OKしてもらえる可能性は高いです。相手の母性をくすぐってやりましょう。

テレフォンセックスをしなかった場合には、いかに自然な流れでデートに持っていけるかが勝負です。このときには、セックスがしたいから、などと言うと逆効果でありますから、下心を感じさせないような誘い方をするのがよいでしょう。軽く、「これから暇?」みたいな言い方をするのがよいのではないでしょうか。それも映画とか、喫茶店に行くとか、目的をはっきりさせてあげると、女性としても承諾しやすいです。テレフォンセックスのこともそうですが、女性は、セックスやデートの間に何かワンクッション挟んであげると満足します。

テレクラからの出会いですから、最終到達地点がセックスであることは女性のほうもわかっていますが、セックスをする前に、映画を観たり、喫茶店へ入ったり、そういう相性を確かめる時間を与えてあげるのがポイントです。その目的を果たした時点で、帰ることもできるという選択肢を与えることによって、デートを受け入れてくれる可能性も高くなります。

テレクラではこのようにして相手を探していくんですね。みなさんもテレクラで素敵な人を見つけましょう!